転職したらスマレジだった件

マジレス大歓迎です。

プログラミング研修でのフルボッコなコードレビューの記録 - ②SQLの基礎

こんにちは!

スマレジ・テックファームのWebエンジニアやまてと申します。

と言いつつ、地道に歩んでいきます。

INDEX


今回は『プログラミング研修でのフルボッコなコードレビューの記録 - ②SQLの基礎』ということで、昨年12月1日に入社からの2カ月で受けた社内の研修について、引き続き振り返っていきたいと思います。


スマレジ・テックファームの研修についてですが、実務未経験で採用された際には、SESでの出向先が決まるまで、社内の教育担当のWebエンジニアの方から研修をしてもらえます。

ryamate.hatenablog.com

corp.smaregi.jp


研修内容は、以下のカリキュラムで、今回の記事はこちらに沿って投稿しています。

①PHPの基礎

②SQLの基礎

③Webアプリケーション基礎


SQLの基礎

今回は「SQLの基礎」の課題について、 SQLのデータ取得(SELECT文)のレビュー内容に絞って、整理していきたいと思います(一番レビューで色々と指摘があったため)。

※ 他には、データ操作、テーブル操作、トランザクションの問題がありました。

課題は例えば下記のようなものでした。


「商品テーブルの内容を全て出力するSQLを作ってください」


このようにSQLの基礎文法の理解を問う問題が20問ほどあり、OKもらえるまで修正しました。

研修時は、MySQLのDockerコンテナを起動して、起動したときに生成されるDBのテーブルに対してSQL実行でデータ取得やデータ更新をしました。

※ 参考記事

qiita.com


それでは一部抜粋して、項目ごとにまとめたコードレビューを振り返っていきます。

※ 記事にする都合上、レビューの文面は意味が変わらない程度に編集しています。

SQLのデータ取得(SELECT文)のレビュー8選

1. 「SQLコーディングスタイルを決めましょう」

💬レビュー

SQLのコーディングルールがなくて困りますね。これで統一しましょう。

yakinikunotare.boo.jp

レビュー、というかレビューをする前の意識合わせですが、研修中はこちらに統一して提出しました。インターネットで調べた限りではSQLのコーディングスタイルは、どの書き方が多数派かわからず、人それぞれな印象でした。


2. 「複数取得できる場合は、かならず ORDER BY を記載する癖をつけてください」

◀︎レビュー前

SELECT
    product_id,
    product_name,
    color,
    price,
    delete_flag,
    created_at,
    updated_at
FROM
    products
;

💬レビュー

複数取得できる場合は、かならず ORDER BY を記載してください。そうする癖をつけておくようにしてください。

▶︎レビュー後

SELECT
    product_id,
    product_name,
    color,
    price,
    delete_flag,
    created_at,
    updated_at
FROM
    products
ORDER BY
    product_id ASC
;


3. 「INを使って、条件を1行で書いてください」

◀︎レビュー前

SELECT
    product_id,
    product_name,
    color,
    price,
    delete_flag,
    created_at,
    updated_at
FROM
    products
WHERE
    color = ''
    OR
    color = ''
ORDER BY
    product_id ASC
;

💬レビュー

INを使って、条件を1行で書いてください。

▶︎レビュー後

SELECT
    product_id,
    product_name,
    color,
    price,
    delete_flag,
    created_at,
    updated_at
FROM
    products
WHERE
    color
    IN
    (
        '',
        ''
    )
ORDER BY
    product_id ASC
;

(コーディングスタイルの関係で一行になってはないですが…)


4. 「 カウント関数の中に、条件書かずに、WHERE句に条件を記載してください」

◀︎レビュー前

SELECT
    COUNT(
        gender = ''
        OR
        NULL
    ) AS '男性の人数'

💬レビュー

カウント関数の中に、条件書かずに、WHERE句に条件を記載してください。単純なcountを使うSQLは、count(*) が一般的です。

▶︎レビュー後

SELECT
    COUNT(*) AS '男性の人数'
FROM
    members
WHERE
    delete_flag = 0
    AND
    gender = ''
;


5. 「テーブル結合は基本的に JOIN ON を用いてください」

◀︎レビュー前

SELECT
    SUM(sales.quantity * products.price)
FROM
    sales, products
WHERE
    sales.product_id = products.product_id
;

💬レビュー

SQL/コーディングスタイルにて、

JOIN ON

結合は基本的に JOIN ON を用いて FROM に複数 + WHERE 句で結合条件という記述をしない

と記載のとおり、修正してください。

▶︎レビュー後

SELECT
    SUM(sales.quantity * products.price)
FROM
    sales
INNER JOIN
    products
    ON
        sales.product_id = products.product_id
;


6. 「AS で別名つけてください」

◀︎レビュー前

SELECT
    SUM(sales.quantity * products.price)
FROM
    sales
INNER JOIN
    products
    ON
        sales.product_id = products.product_id
;

💬レビュー

AS で別名つけてください。

▶︎レビュー後

SELECT
    SUM(s.quantity * p.price) AS '売り上げの合計'
FROM
    sales AS s
INNER JOIN
    products AS p
    ON
        s.product_id = p.product_id
;


7. 「 関連しない条件は、JOINしたあとに記載してください」

◀︎レビュー前

SELECT
    SUM(s.quantity * p.price) AS '非会員の売り上げの合計'
FROM
    sales AS s
INNER JOIN
    products AS p
    ON
        s.product_id = p.product_id
        AND
        s.member_id IS NULL
;

💬レビュー

INNER JOINON 句に、salesの条件があると読みにくいので、 sales の条件(s.member_id IS NULL)は JOIN したあとに記載してください。

▶︎レビュー後

SELECT
    SUM(s.quantity * p.price) AS '非会員の売り上げの合計'
FROM
    sales AS s
INNER JOIN
    products AS p
    ON
        s.product_id = p.product_id
WHERE
    s.member_id IS NULL
;


8. 「GROUP BY を使った SQL に変えてください」

◀︎レビュー前

SELECT
    SUM(
        CASE WHEN m.gender = ''
        THEN s.quantity * p.price
        ELSE 0 END
    ) AS '男性会員の売り上げの合計'
    ,
    SUM(
        CASE WHEN m.gender = ''
        THEN s.quantity * p.price
        ELSE 0 END
    ) AS '女性会員の売り上げの合計'
FROM
    sales AS s
INNER JOIN
    products AS p
    ON
        s.product_id = p.product_id
INNER JOIN
    members AS m
    ON
        s.member_id = m.member_id
;

💬レビュー

GROUP BY を使ったSQLに変えてください。

▶︎レビュー後

SELECT
    m.gender,
    SUM(s.quantity * p.price) AS '売り上げの合計'
FROM
    sales AS s
INNER JOIN
    products AS p
    ON
        s.product_id = p.product_id
INNER JOIN
    members AS m
    ON
        s.member_id = m.member_id
GROUP BY
    m.gender
;


今回の記事は以上です!

正直言ってSQLのスキルは研修当時からあんまり変わってない気がする、という危機感を得られたので、それだけでも今回振り返った甲斐がありました…笑

あとそれぞれ、そのように書いた方が良い理由についても理解する必要があると思いましたので、今後の課題です。


次回、「プログラミング研修でのフルボッコなコードレビューの記録 - ③ Webアプリケーション基礎」投稿予定です。

ありがとうございました。